看護部の日常

2020年9月 2日 (水)

攻める慢性期の男性看護部長

みなさんこんにちは!

特殊疾患病棟看護師の上野です。

今回は「攻める慢性期」のスローガンを元に看護部を束ねる神田看護部長について知っていただきたく記事を書かせていただきます。

神田看護部長に一度でもお会いしたことがある方であればご存知かと思いますが、「慢性期看護に対して誰よりも熱い思い」を持っている方です。

Slide1_20200901233901

慢性期病院は「急性期を脱したが自宅介護が困難な患者様」「急性期治療が終了したが自宅へ戻る前のワンクッション」というイメージを持っている方もいると思います。私も入職当時はそう思っていましたし、急性期病院へ入職する同級生に対してどこか羨ましい気持ちがあったことは事実です。

しかし、神田看護部長とコミュニケーションを重ねるたびに「慢性期病院ほど個々の看護師としての能力が発揮できる」「病室の環境や患者様の身なりなどで看護の質が著明に出る」など、慢性期看護師の役割として「療養上の世話」が何より重要であると感じるようになりました。

「急性期病院の受け皿ではなく、個々の看護・介護観や能力を存分に発揮できる場所」それが慢性期病院であり、慢性期で働くことを誇りに感じています。

神田看護部長に会ったことがない方は、ぜひ1度会ってみてください。

 

さて、神田看護部長は熱いだけの方ではありません。

日頃より「気楽に来れる看護部長室」を目指しておられます。「相談されることが自分がここにいる意味だ」とも話されています。なので、部長自ら積極的に職員に声を掛けてくれています。冗談話も多く、声を掛けられた職員には笑顔が見られることが多いように感じます。

 

そんな看護部長がリクルートのため1週間程度の出張があった時のことです。

看護部では看護部長室で朝礼を行っています。看護部長は出張で不在だと知っていましたが、部長室に入ると同時に「おぉっ!!」と声が出てしまいました。

原因は↓の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0662

「感染対策!ベッド稼働キープよろしくね!」とコメントされた「疑似部長」が部長デスクにいたからです。

見た瞬間に2・3歩ほど後ずさりをした職員もいるほどです💨

出張前日に、部長室に来た職員が気が付くよう「椅子の高さ」「顔写真の位置」「ユニホームの左右バランス」を念入りに調整したと後日、笑いながら話されていました。

このような、ユーモアと看護への熱い思いを兼ね備えた看護部長に支えられ「攻める慢性期」を展開していきたいと思っています。

看護師のみなさん、看護学生のみなさん、これから看護師になりたいと思っているみなさん。1度遊びに来ませんか?

お待ちしております⤴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下は看護部長室入り口から見えた衝撃の光景!!

Photo_20200902081301

 

2020年4月27日 (月)

就活生必見!! WEB説明会・面接開始!!

こんにちは!看護部長の神田です。

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、緊急事態宣言が布かれて皆さんもお疲れなんじゃないでしょうか。

看護学生の就活生への採用活動を休止している病院が多いようで、21年卒の就活生には厳しい状況になっています。

当院もギリギリまで開催していたインターンシップを4月中旬から中止せざるを得ない状況となってしまいました。

しかし、21年卒を採用する事に変わりはありません。

就職活動が夏頃まで後ろ倒しになると言われている看護業界ですが、当院看護部は就活生によりお力になりたいと検討を重ねました。

この度、動きが制限されている就活生に向けてWEB説明会とWEB採用面接ができるようにシステムを作りました!!

看護学校から見学や試験の為に病院へ行くことも出来ない就活生は是非、利用して欲しいと思います。

これで今までと変わりのない就職活動ができて当院の良さをお伝えできると思います。

私も初めての取り組みでドキドキしますが、画面越しではありますがフレッシュな就活生に会えることを楽しみにしています。

ではお待ちしています。

詳細は当院採用担当まで電話またはメールにてお問い合わせください。

Web_20200427103401

2020年4月 3日 (金)

心からの願い!!

Img__20200403115301

こんにちは!看護部長の神田です。

新型コロナウィルスの感染拡大により、日本は危機的な状況にあります。

毎年のように新社会人の門出を祝うように咲いている桜が、今年も当院前に咲きました。

今年は新型コロナの感染拡大で桜をゆっくり眺めることができませんでした。

一日でも早く桜や花々を明るい気持ちで眺められる日が来ることを願っています。

 

 

2020年4月 2日 (木)

新年度始まりました。

こんにちは!

看護部長の神田直孝です。

年末のご挨拶以降中々書き込めず、すみませんでした。

世間は新型コロナウィルス感染拡大で危機的な状況になっています。

当院も入院されてる患者様を守るために院内に新型コロナウィルスが入らないように

面会制限や職員の体調管理を徹底しています。

通年の年度末とは異なる状況で新年度が始まったという実感が得にくいですが

昨日より新年度が始まったのは現実です。

当院もニュース等と同様にフレッシュな新入職者が沢山入ってくれました。

しかし、毎年行えている病院全体をあげての入職式などは縮小・簡略化して

行ないました。

新型コロナウィルスの感染拡大は越谷市内でも起き始めています。

地域の皆さん、パニックになる必要はありません。しかし、正しく怖がることが大切です。

「3密」が危険と強調されていますが、都内の病院などでの感染拡大を見ますと接触感染が感染拡大が

起きた可能性も否定できないと考えます。

なので「3密」の人の密集がないとしても、不特定多数の人が出入りしている場所は「その時」人がいなくても

手で触れる場所などから感染する可能性があるという事です。

地域の皆様!マスクだけではなく、手洗い、うがいも徹底してください。

皆さんが健康に過ごせますように心よりお祈りしています。

2020年2月 8日 (土)

最近の話題!!

こんにちは~😃

新越谷病院3A病棟の小野と柳川です。新年を迎えてあっという間に2月・3月となり、梅や桜が咲く時期になりますね。

今年は暖冬と言われていますが・・・いつもなら節分の前後に大雪に見まわれたり、大寒波が来たり⛄

今年はどうでしょうか💦

私の地元北海道でも少ない雪をかき集めて、雪祭りがやっと開催で出来るようです。

近頃はインフルエンザにかかる方も増えてきており、学校でも学級閉鎖などが多くなっているようです。

また最近世間では、新型コロナウイルスの感染拡大が加速しており、世界的に問題となっております。

①手洗いと手指消毒・うがい

②マスク                    

③可能な限り人混みには行かない

④睡眠・栄養をしっかり取り、免疫力UP❗

このように、感染防止に努めてまいりましょう❗❗

 

Img_4851

2020年1月 3日 (金)

またまた、行ってきちゃいました(^0^)/

冬が大嫌いな3B病棟の有馬です。日本は私には寒すぎるので行ってきました。1週間!赤道直下のシンガポールへ。

子供たちが一緒に行ってくれてた頃は年1回。子供たちが一緒に行かなくなってからは年2回。頭も心も体もリフレッシュさせてもらっています。(実家への帰省を入れると年3回ですね...)

 

2019年12月31日 (火)

ご挨拶

看護部長の神田直孝です。

2019年3月末より、新越谷病院にて看護部長として着任して9カ月が経ちました。

手探りではありますが、地域の皆様にとってより良い病院とは何かを常に考えながら努めさせて頂きました。

新越谷病院は訪問看護、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、訪問リハビリ、通所リハビリといった

幅広い機能をもっています。2020年はその機能を最大限に活かして、より地域の皆様が安心して地域で暮らしていけるように

努めて参ります。

新越谷病院のスタッフ、訪問看護のスタッフ、地域包括支援センターのスタッフ、居宅介護支援事業所のスタッフ、訪問リハビリのスタッフ

通所リハビリのスタッフ一人ひとりの笑顔の先には地域の皆様の笑顔があると信じています。

2020年も地域の皆様と共にある新越谷病院を宜しくお願いいたします。

2019年12月 7日 (土)

日本慢性期医療学会 in 大阪

こんにちは!看護部長の神田直孝です。

すっかり秋から冬モードで寒い毎日ですが、皆様はお身体は大丈夫でしょうか?

当院は日本慢性期医療協会の登録施設です。

先日、日本慢性期医療協会の学会が大阪で行われまして参加してきました。

数年前に何回か演題発表した事はありましたが、今回の大阪は規模の大きさと参加者の多さや会場の熱気に感嘆しました。

 

Img_

参加者は約2,700名で発表会場も12会場あり、聴きたい発表が別会場で同時刻だったり、移動が大変でした。

Img_20191203_ 

発表を聴講して感じたのは慢性期病院だけでなく回復期病棟や地域包括ケア病棟、介護医療院の参加もあり、

今まさに旬の発表内容であったり、変化・進化し続けていっている施設が多く刺激を受けました。

新越谷病院も現状に満足せず、地域の皆さまのニーズや地域連携医療機関のご要望に応えられるように

変化・進化し続けて参ります。

 

2019年12月 3日 (火)

秋の防火訓練🔥

 こんにちは😃2B病棟の吉田 岩澤です

先日病院で防災訓練が行われました🔥🔥

災害時、当病院の患者様は寝たきりの方が多いので、自力で逃げる事が困難です😣

そのため、患者様を避難させる方法として、ベッドからシーツごと床に下ろして、運ぶ技術が必要となります💪

 正しくできれば、写真の様に女性2人でも運ぶことができます🌸

 今回の設定は火災🧯を想定したものでしたが、10月の台風🌀の様な災害がいつ来ても慌てず対応できるように、日々意識して備えて行きたいと改めて感じました🚒

2019年11月18日 (月)

キャリアアップ!!

こんにちは!看護部長の神田直孝です。

 

昨日は神奈川県の長津田にある我が法人の看護学校にて研修の講師をして参りました。

研修は「IMS介護福祉士実務者研修」で社会福祉士及び介護福祉士法に定められた公的な研修で

介護福祉士を取得する為には必須条件の研修です。

IMSグループ内の慢性期病院や介護老人保健施設で働いている現役のヘルパーさんが国家資格の

介護福祉士を取得するために、自らの休みを使って受講していました。

Photo_20191029075501

講義の内容は高齢者の経管栄養関することでしたが、死生観のテーマになると受講生の熱量も上昇し

熱い話し合いがされていました。

Photo_20191029075502

キャリアアップをする前向きさや熱い想いに「現場」っていいなって改めて思いました。

受講生の皆さん、これからも頑張って下さい。