« 越谷ロイヤル訪問看護ステーションです | トップページ | 就職説明会 »

2019年2月 7日 (木)

越谷ロイヤル訪問看護ステーションです

こんにちは


越谷ロイヤル訪問看護ステーション 看護師 志田です



インフルエンザが流行していますね
埼玉県のンフルエンザ報告数は先週より下降傾向ですが、依然警報レベルで推移しています
日々のうがい・手洗いは必須ですが、公共機関を利用するときや人ごみに行くときは特に注意してくださいね







ここ最近のステーションのトピックスとして


Photo


私たちは車か自転車で移動しています
車での移動中はラジオを聞くことがあります
越谷FM(FM86.8)は音楽が流れることが多いので聞いているスタッフが多いです

そしてこの前、越谷FMの方とお会いしました。上の写真はその時の写真です
いつも聞いているラジオの方とお話ができたのでとてもうれしかったです







利用者様のご紹介です


Tubasakunn7


笑顔が素敵な12歳の男の子です

現在気管切開し気管カニューレが挿入されています


言葉はでませんが顔の表情でコミュニケーションをとっており、看護師の声掛けにも

時には大笑いで、時には苦笑いで対応してくれます

病院ではトランポリンなどをし活発な男の子です








家族からはもちろんのこと、関わる人たちから愛される存在です

ご自宅ではご家族がさまざまな工夫をこらして生活しています

その一部をご紹介したいと思います






Photo_4

上の写真は気管カニューレ固定用のひもです。

カニューレが外れないようにひもで固定していますが、このひもはお母さん手作りです。

成長に合わせひもを作り変えています










Photo

上の写真のクッションは、手足の拘縮予防のためにお母さんがつくりました

手や足に合わせてクッションの形や大きさを変えています














Photo_6

人工呼吸器のじゃばらをひものついた洗濯ばさみではさみ、ベット柵に固定しています

カニューレとじゃばらの接続がはずれないように、また気管切開部に圧がか

からないようにしています















Tubasakun



現在小学6年生であり、現在学校の先生が家に来て授業をしています

上の写真は学校の先生が作ってくれた写真です








みんなから愛されて成長しています


Tubasakunn9_2






私達が想像つかなかったアイディアを出し、工夫をしながら皆さん生活しています
看護師も日々勉強させてもらっています

 

« 越谷ロイヤル訪問看護ステーションです | トップページ | 就職説明会 »