2017年10月14日 (土)

日本ALS協会埼玉県支部東部ブロック交流会に参加しました

こんにちはロイヤル訪問看護ステーションですhappy01

先日越谷市保健センターで行われた ALS協会の交流会に参加させていただきました。

ALSとは、筋萎縮性側索硬化症と呼ばれる病気で

はっきりとした病気の原因はないといわれています。
運動神経が障害される進行性のもので、
症状の一例として 

手足に力が入らなくなり、筋肉がやせてくる

ろれつが回らずうまくしゃべれなくなる
食事でむせ込み

咳がでる

が出る
呼吸がくるしくなり、

痰もだしずらくなる

たん

)も出しづらくなる

などがあります。

私たち訪問看護ステーションでもALSに対しての知識を深めたり交流の場に参加したいという希望もあり 看護師のMとNさんが参加させていただきました。

実際にALSを発症された方々とお会いする機会がなかなかもてないため、とても実になったということです。confident

参加できなかったスタッフにも研修報告として発表していただいた中の一部をご紹介します。

「失われた・低下した機能を追い求めるのではなく、残された機能をいかに活用し新たな可能性を見つける関わりをすることが大切であると学んだ」

「多職種の連携・多方面から総括的に支援をすること・知識や技術の共有が必要であることが重要であると再認識した」

「医療・介護職は疾患の先を見据えて様々な提案をするが、本人は先のことは考えたくない。今を生きることに精一杯であり受け入れがたいという思いを抱えていることを念頭に置いておくことが必要」

これをうけて、私たち訪問看護師の在り方・「何かをしてあげたい」という思いだけで動いてしまうと、当の本人が置いてかれてしまうことが出てきてしまうのでは。と改めて考えさせられました。 また一歩成長させてもらった ロイヤルですwink

Als
Als2

以上 ロイヤル訪問看護ステーションでしたconfident

2017年10月11日 (水)

☆第6回 公開講座☆

10月2日(月) 越谷市柳田自治会館にて、『第6回無料公開講座』を開催いたしましたpencil

作業療法士 柳内係長が講師で、『認知症を予防するには』というテーマでしたsign03

当日は、元柳田自治会加盟の32名の方にご参加いただき、認知症とはどんな病気かimpact

わかりやすく解説しながら、軽い体操を交えながら行いましたrun

1

みなさんsign01

昨日の朝ごはんは何を食べたか覚えていますか~breadsign02

わからなかった方は、もしかして。。。。。wobbly

安心してくださいッpapersun

それは、ただの物忘れです( ̄ー ̄)ニヤリ

というように、物忘れと、認知症の違いをみなさんに説明しましたcat

参加者の方からは

「認知症になった親族がいて、身近な問題だった、専門的にせつめいしてもらえて

良かった」

「楽しい体操だったので、家でも実践したい」

などの声をいただく事ができましたhappy02

今後も新越谷病院では、みなさまの疑問や日々のお悩みに沿った講座を開催していく予定です。

2017年9月15日 (金)

☆ 訪問看護師の荷物は ☆

こんにちは ロイヤル訪問看護ステーションですhappy01
9月に入り 日が短くなってまいりましたねfuji

今日は 訪問看護師が訪問の際に何を持っていくか 一部をご紹介したいと思います。

基本的にお身体の状態を観察させていただくため、

Dscf3059

聴診器 血圧計 血液の中の酸素濃度を測る パルスオキシメーター
体温計 ペンライト(瞳孔の状況を確認するなどのため)

は最低限持参しています。

その他
Dscf3060

爪切りセット (看護師 Aさん参考)

Dscf3062

記録用紙

その他に 

文房具・絆創膏・アロマオイル・ワセリン・ビニール袋・穴あきペットボトルの蓋

などなど。

ご家庭での介護相談も承っているので、いろいろと荷物が増えていきますcoldsweats01

Dscf3063

バッグの規定はありませんが、必ず口の閉まるもので、
先程の荷物を入れていくため このようになります。
(参考 看護師Nさん)

他にも看護師によってバッグの中身はさまざまですが、なるべくどんな状況でも対応できるように注目している証拠ですねwink

☆ ロイヤル訪問看護ステーション より ☆

2017年8月21日 (月)

☆ 越谷ロイヤル訪問看護ステーション 固定チーム活動☆

こんにちは ロイヤル訪問看護ステーションですhappy01

今年は梅雨の時期には雨が降らず8月に急に雨量が増したりと、気候の変動が多々ありますが 皆様体調崩されていませんでしょうか。

さて、今日は 私たちスタッフで新しく今後に使えるようなして資料作成をしているのでご紹介します

Dscf3039

グループに分かれて話し合いながら作成しますconfident

ブルーの絵は同席していた看護学生さんですhappy01

Dscf3025

1年間かけて資料作りをするのでそのための情報収集も大切ですcoldsweats01

Dscf3038

フィッシュボーンという言葉をご存知でしょうか?

目的達成のために何が必要かを項目ごとに、フィッシュボーン「魚の骨」に肉付けをしていくのです。
こちらの魚のモデルは 看護師Nさんです。目がくりくりheart02

Dscf3037

こちらは看護師Fがモデルだそうで、好物のコーラを手にしていますhappy01

書いてくださったのは 看護師 Aさん 絵心ばっちりですheart04

Dscf3026

着々と進んでおりますsign02

どうぞ応援よろしくお願いしますconfident

暑い日・涼しい日と気候が目まぐるしく動き、熱中症や夏風邪もはやっております。
ご無理はなさらず、この夏を乗り切りましょう(o^-^o)

☆ ロイヤル訪問看護ステーションより ☆

2017年8月 8日 (火)

☆ 越谷ロイヤル訪問看護ステーション 勉強会の回☆

こんにちは 越谷ロイヤル訪問看護ステーションです(o^-^o)

暑い日が続いておりますが 熱中症対策は皆さまされておりますでしょうか。

さて、本日は 在宅酸素療法の 人工呼吸器「NPPV」についての勉強会をステーションで行いました。

PHILIPS社の方にお越しいただき、使用方法について教えていただきました。

Dscf3047

Dscf3048

ランチ勉強会なので お弁当も広げておりますfastfood

Dscf3050

使用上の注意・機械の洗浄方法などや、実際に使用してみてみたりと、
12:30~13:30まで時間いっぱい勉強しました☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

実際に利用者様のところで活かせるように日々成長中の当ステーションを

今後ともぜひよろしくお願いしますconfident

☆ 越谷ロイヤル訪問看護ステーション ☆

2017年8月 5日 (土)

☆毎年恒例の夏祭り☆

8月3日(木)に当院駐車場にて
迫力のある太鼓の音が響き渡る中

「新越谷病院 盆踊り」を開催しましたhappy02note


太鼓の叩き手をお招きし
例年以上に賑やかな夏祭りになりましたwinkshine

そして、当グループの
理事長 中村哲也先生をお迎えし
一緒に夏祭りを盛り上げて頂きましたconfidentheart02

2



焼きそば フランクフルト 枝豆 ポップコーン
アイス ジュース アルコール飲料・・・

どれも列ができてしまう程、大盛況でしたsign03sign03



今年特に注目したのが、
太鼓の躍動感ある演奏ですconfident

太鼓の音を聞くと
!!!って感じがしますよね!!!

参加者全員の注目の的だったと思いますlovelyflair

また、その音に合わせた
盆踊りも華麗でしたconfident



Img_5079

Img_5075_2


入院中の患者様にもご参加いただき
有意義なひと時を過ごせていただけましたと思いますhappy02heart04

長期にわたり入院をされている患者様に
四季を感じる時間を作ることができたことが、私たち職員も嬉しかったですconfidentsign03

Img_5103_2

Img_5042_2


当日ご参加いただいた皆さま
楽しい時間を一緒に過ごすことができて、とても嬉しかったですlovelysign03

ありがとうございましたheart02heart02heart02



 

2017年7月22日 (土)

☆ ロイヤル訪問看護ステーションの ナラティブ ☆

こんにちは ロイヤル訪問看護ステーションですhappy01
皆さんは 「ナラティブ」という言葉を耳にされた機会はありますでしょうか。
ナラティブとは、「臨床での出来事やその場面を一人称の物語風に記述したもの」をいいます。
今日は、当ステーションの看護師Oさんのナラティブをご紹介させていただきます。
看護師が普段どんなことを考えながら利用者様と接しているかを感じていただければいいなと思います。

初回の時にあまり先は長くないことは予測できた。

 

S様の話をきいていると家が好きなことは伝わった。家の中にも趣味の写真や土建の資格証、大好きなクラシックのCDが100枚以上あった。家の所々に自分でDIYしたものもあり訪問時に誇らしげにお話されていた。私の中では家で看取れたらいいなーとこちら側の漠然な思いと、本人が希望されている3月の旅行に行かせてあげたいという思いだった。

 

状態が悪くなる中でもはじめは死が近づいているとは本人も奥様もわかっていなかった。

 

奥様とは訪問の度に駐車場から家までの距離を歩きながら私はこれから起こりうることと現在の状態を説明した。奥様の気持ちも毎回きくようにしていた。奥様は旅行に関しては旅先で何かあったら心配と乗り気ではなかったが、本人が私たちに「最後の旅行で若いころ一度奥様と行ったことのある大分を選び家族ではなく二人の旅行にしたい」と話してくれたことを奥様に話したとき、照れくさそうにしていたのが印象的だった。

 

旅行は本人がすべて計画を立てて旅先での介護タクシーの手配、在宅酸素の手配、飛行機の手配までしていた。

 

期待とは裏腹に状態はさらに悪化。自分で余命を悟ったのか、旅行を自分でキャンセルしたのをきっかけか、2月頃から自分の最期について考えるようになった。夫婦愛を考えると在宅看取りが残される奥様にとっても本人にとっても一番「らしい最期」なのではないかと考え急いで往診にきりかえた。居室はトイレが近い北側から本人の趣味に囲まれた南側の部屋に移動したことも看取りには最高の場所だった。エアーマットは最後まで拒否。お気に入りのマットで。どうにか褥瘡をつくらないようにとヒヤヒヤしながら毎回お尻をみて保湿ケアをしていた。予防的にフィルムを貼っていたのもよかったのか最後までスキントラブルはなかった。「延命はしたくない、枯れるように死にたい」と話してくれたことに私は最期を任された思いになった。聞かれたことにはこちらも正直に応えるようにした。

 

ぎりぎりまで意識がありレベルが落ちてから永眠するまで20時間。奥様は近々、死が近いのはわかっていたが今とは思えず子供達を前日に会わせるようにお話したが翌日でよいと思い死に目にはあえなかった。そこはもっと奥様に現状をうまく伝えるべきだったと反省する。エンゼルケアも本人の好きな曲を聴きながら子供、孫たちとおこない、涙と笑いがあった。父らしさを初めて会った私に話しながら髭をそる娘様と背広を着せる息子様。私は、S様が私に話してくれた家族のことを娘様と息子様にお話ししました。家族に言えなかったことを私に話してくれたことがたくさんあり、私たちの仕事はそれを伝えることもS様が生きてきた証として大事なことではないかとふりかえる。

グリーフケア時、奥様の話では、家で看取るなんて考えてもいなかったが最期までここで過ごせてよかった。淋しくてまだ良眠はできず薬を飲んで夜はねている。パソコンの中に葬儀の時の手紙が入っていてびっくり。桜の写真がたくさんあり思い出がたくさんと。。。。思い出話をしてくれた。写真をもらってほしいとの希望もあり、私もS様との出逢いと感謝を形にしたく写真をいただいた。短期間の関わりだったが旅行にいけなかったのが残念だったが、利用者の最期を利用者と一緒に考えた貴重なケースだった。」

以上、全文ご紹介させていただきますconfident
不定期ではありますが、今後またご紹介させていただければと思っています。

~ロイヤル訪問看護ステーション~

2017年7月 7日 (金)

☆七夕☆


今日は七夕ですねheart04

当院では待合室にを飾りましたhappy02

たくさんの思いが込められた短冊

笹の葉につるされていましたheart02

Img_4385_2


Img_4392_2  


それぞれの夢や思いが叶いますようにconfidentheart02

そして、織姫と彦星が無事会えますようにheart02



Img_4387_2

2017年7月 6日 (木)

☆ロイヤル訪問看護ステーションの七夕のお願い☆

こんにちは ロイヤル訪問看護ステーションですsign03
暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、7月7日は 「七夕」nightですね。

スタッフの七夕のお願いは …

「 みんなが元気で過ごしてほしい heart02
「 若返って いろんなところに旅行に行きたい heart02
「 海外旅行に行きたい heart02
「 お金がいっぱいわいてきてほしい heart02

などなど 夢のあるお願い事から現金なお願いまで様々ですo(*^▽^*)o

皆様の お願い事は何でしょうか.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

どんなお願いであれ 叶いますようにheart04

Original

~ ロイヤル訪問看護ステーション ~

2017年7月 5日 (水)

☆訪問リハビリテーション新規開設について☆

みなさまこんにちわsign03

今回は、新規開設しました訪問リハビリテーションのご紹介を致しますヽ(´▽`)/

訪問リハビリとは・・・

加齢や病気などにより、心身機能が低下した場合においても、住み慣れたご自宅でのリハビリテーションを通じ、能力にあった自立した生活が営めるように、生活機能の維持・回復に働きかけ、積極的に活動・参加を促し、自立促進を図るサービスです。

つまり、ご自宅に専門のセラピスト(理学療法士、言語聴覚士)が伺い、利用者様と一緒にその方に合った、運動や日常の動作を行わさせていただきますrunrun



私たちが、その方々にあったプログラムで生活のサポートを行いますsign03
ぜひご利用くださいup
Img_3100



サービスの対象者は
要支援、要介護の認定を受けられた方ですdash

サービスご利用ご希望の方は、ご連絡をお願いいたしますnote
TEL:048-964-2211(代表) 

新越谷病院 訪問リハビリテーション 担当まで

«☆ ロイヤル訪問看護ステーションの場所について ☆